【所JAPAN】京都新城の石垣を豊臣秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?6月8日放送分

スポンサーリンク

【所JAPAN】京都新城の石垣を豊臣秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?6月8日放送分

こんにちは、管理人のシノブです。

2020年6月8日(月)22時00分~22時54分 放送の【所JAPAN】で「京都で歴史的大発見!秀吉"幻の城"の石垣が発掘!」と予告されていました。

どこかワクワクする自分がいて、思わず調べてしまいました。

スポンサーリンク

所JAPAN番組内容

番組公式ツイート準備中

番組内容

今回は、コロナ禍の裏で起こっていた流行や歴史的新発見など、意外な日本の姿を調査!

  • ネットを中心に世間で話題となったキャラクター"アマビエ"や、京都で有名な祇園祭の"ちまき"。流行の背景には、「疫病」があった!?現代にも通じる不思議な話を歴史学者・磯田道史先生が徹底解説。
  • コロナで世間が大変な中、京都では歴史的な大発見が!史料に記述はあったものの、その実態は謎に包まれていた幻の城・・豊臣秀吉が京都に築いたとされる「京都新城」の石垣が、なんと京都御所の近くで発掘された!そこには、秀吉が築城したことを裏付けるある"モノ"も残されていたという!城のスペシャリスト・千田嘉博先生が興奮さめやらぬままその凄さを解説!京都新城に隠された謎とは?
  • 在宅期間が長く、料理の献立もネタ切れになってきたのでは?そこで、SNSで話題沸騰中の料理研究家・リュウジがコンビニで買える食材を劇的に美味しくするアイデアレシピを紹介!そして、お寺の入口にある掲示板。そこにはコロナ禍の生活をハッピーにする"ありがたい言葉"が隠されていた!?仏教マニア・笑い飯・哲夫が解説!

秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?

秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?
(出典:豊臣秀吉とは 農民の木下藤吉郎が天下を取れた理由

今回の所JAPANで紹介される、京都新城を秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」について調べてみたところ、とあるモノが見つかりました。

 

秀吉が築城したとされる「京都新城」とは?

まず、「京都新城」とはどういうものなんでしょうか?

京都新城(きょうとしんじょう)は、太閤豊臣秀吉が関白豊臣秀次の聚楽第を破却した後、豊臣関白家の正式な邸宅として京都御所(禁裏)東南に構えた豊臣秀頼のための城郭風邸宅である。

ただしその後は豊臣家から関白に任命された者はなく、秀頼が短期間利用した後は、秀吉の正室である高台院(北政所)が隠居屋敷として用いたのみであった。

なお、「京都新城」は現代になってからの呼称であり、当初は太閤御屋敷、太閤御所、太閤上京屋敷などと呼ばれており、やがて新城、秀頼卿御城、京の城と呼ばれた。

しかしかつての「聚楽(第)」のような名はこの新第には与えられなかった。

引用:ウィキペディア

京都新城は、秀吉の三男坊「秀頼」のための邸宅だったそうです。

 

秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?

秀吉が築城したことを裏付けるモノ・・それは「桐や菊の文様の金箔瓦」。

発掘された金箔瓦に文様があり、桐や菊を秀吉が好んでいたというのが判断した理由です。

たったのこれだけで「豊臣秀吉」と分かってしまうことに、違和感があるのは自分だけでしょうか・・?

 

【所JAPAN】京都新城の石垣を豊臣秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?6月8日放送分【まとめ】

今回の【所JAPAN】京都新城の石垣を豊臣秀吉が築城したことを裏付ける「あるモノ」とは?の候補として、「桐や菊の文様の金箔瓦」が見つかりました。

言われてみれば、文様や家紋などが多いイメージはありますね。

秀吉が好んだ文様が裏付けとなった(候補という)のも、納得です。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました